読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

プリントパックは安かろう悪かろうだから、もう使わない

プリントパックが、またやらかした。今回で3度目の印刷ミスである。
下の画像は、正しい印刷だ。

f:id:kawai_norimitsu:20151219210742j:plain

こちらは誤った印刷、つまり印刷ミスだ。

f:id:kawai_norimitsu:20151219210727j:plain

まったく別の絵柄、もしくは薄い印刷となっている。
印刷物のうち、100枚ほどがこのような状態だ。

他にもインクがボヤけており、QRコードが読み取れないものが多数あった。
なので予備分も役に立たず、とてもじゃないが使えない。

プリントパックの印刷ミスは以前にもあった。

1度目は断裁がズレており、本文がナナメに印刷されているように見える不具合があった。
急いでいたので、プリントパックにはミスを伝えなかった。

2度目は往復ハガキの裏と表が逆に印刷されていた。
プリントパックにメールで印刷ミスを指摘すると、すぐに電話がかかってきて謝罪された。「ポイントで還元します」との対応だった。

プリントパックを知ったのは、テレビCMがきっかけだ。

「はや印刷~ やす印刷~ プリントパックしよ♪」

確かに、早い・安いは訴求しているが、商品の品質は保証していない。
つまりプリントパックは安かろう悪かろうなのだ。

例え安くても、印刷品質が悪いとお客様に迷惑がかかる。
それに印刷ミス分を破棄すると、かえって原価が増してしまう。

だからもうプリントパックは使っていない。
多少は高くとも、品質の高い印刷屋さんにお願いしている。