ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

市販のワックスを使った眉毛の潰し方*コスメイク編

眉毛の消し方、潰し方

男装や眉毛の色を変えたいコスプレイヤーさんの一番の悩みどころは眉毛の潰し方だと思う。

そこでなるべく安く、手軽に眉毛を消す方法をまとめてみた。

今回はこの眉毛を消してみる。量は少ないが毛は長いタイプだ。

f:id:kawai_norimitsu:20171220131329j:plain

用意するもの

ヘアワックス

f:id:kawai_norimitsu:20171220131449j:plain

市販のドラッグストアで売っている。ギャツビー(ピンク、ミニタイプ)のヘアワックス。226円。

コンシーラーとファンデーション

f:id:kawai_norimitsu:20171218142732j:plain

100均でも手に入るけど、自分の肌の色と合っているかが大事。

最近、レイヤーさん達の間では、CANMAKE(キャンメイク)のスティックコンシーラーがリーズナブルでカバー力もあり推されている。

指で塗るタイプでもいいけど、いちいち指が汚れないスティックタイプの使い勝手が良い。

メイク落とし

f:id:kawai_norimitsu:20171218143748j:plain

市販のドラッグストアで売っている。ふくだけコットン(ビオレ)のメイク落とし。248円。

オイルが入っている方がメイクが落ちやすい。あと携帯性もあるので出先でコスプレする人にオススメ。

眉ペン

f:id:kawai_norimitsu:20171218142921j:plain

市販の文具店で売っている。コピック(チャオ)は色の種類も豊富で発色がよく、写真映えしやすい。

自然な眉毛を目指すならペンシルタイプのアイライナーが書きやすい。アイブロウだとツルツル滑って書きづらい。

まずワックスを塗り込む

眉頭から眉尻に向かって、ギャツビーを塗り込む。眉毛を寝かしてペチャンコにするためだ。

f:id:kawai_norimitsu:20171220132913j:plain

最初は白いけど、塗っていくと次第に透明になって目立たなくなる。

f:id:kawai_norimitsu:20171220133023j:plain

上からコンシーラーを叩きこむ

眉毛の上からコンシーラーをポンポンを叩くように乗せていく。

f:id:kawai_norimitsu:20171220133223j:plain

ファンデーションで全体をぼかす

さらに眉毛とまわりの肌部分にファンデーションを塗っていき、境目をぼかす。

f:id:kawai_norimitsu:20171220133346j:plain

このコンシーラーとファンデーションの作業を、納得いくまで繰り返す。

最後に眉毛を書いて完成

コピック(またはアイライナーペンシル)で眉毛を書く。あまり強く書くとコンシーラーが取れてしまうので注意する。

f:id:kawai_norimitsu:20171220133522j:plain

失敗すると書き直しができないので、1度メイクを落として最初からやり直す。

コスメイクの落とし方

ビオレふくだけコットン(オイルイン)を1枚とって、しばらく眉毛に押し当てる。

すると化粧が浮いてくるので、軽くふき取る。ゴシゴシこすってはダメ。

拭く面を変えて繰り返せば、1枚で最後までキレイにメイクを落とせる。

(おまけ)ノリとアイプチってどうなの?

ネットでよく見かける眉潰しの方法、アラビックのり(ヤマト)とアイプチ(100均)を試してみた。

f:id:kawai_norimitsu:20171220134001j:plain

どちらも眉毛を寝かせるほどのキープ力がなく、例え寝かせても時間が経つと毛が立ち上がってきて困ってしまった・・・。

またコンシーラーの乗り具合も良くないから、あまりオススメできません。

以上、眉毛を消したいレイヤーさんの参考になれば。

こちらもどうぞ。

kawaidesu.hatenablog.com