読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

【2015年】Windows版GitHubツールの使い方

概要

GitHubWindows環境でリポジトリを管理できるツールを用意している。GitHub Desktopだ。

これからGitHub Desktopを使ってプログラムをアップロードする方法を紹介する。

環境

Windows 8.1
GitHub Desktop for Windows v3.0.7

準備

GitHubのアカウントを作成する
GitHub Desktop for Windowsをインストールする

上記の具体的な手順はこちらのサイトをご参考ください。

手順

1.リポジトリを作成する

ツールを起動します。
画面左上にある+ボタンをクリックし、リポジトリ名を入力します。
最後に[Create repository]をクリックします。

f:id:kawai_norimitsu:20151102205407p:plain

2.コミットする

ローカルにリポジトリフォルダができていますので、アップロードするプログラムをコピーします。
フォルダを丸ごとコピーしてOKです。

f:id:kawai_norimitsu:20151102205726p:plain

ツールの中央上にある[Changes]ボタンをクリックします。
コミットするタイトルを入力し、[Commit to master]ボタンをクリックします。

f:id:kawai_norimitsu:20151102205946p:plain

3.パブリッシュ(push)する

ツールの画面右上にある[Publish]ボタンをクリックします。
アップロードするアカウントを選択し、[Publish (リポジトリ名)]ボタンをクリックします。

f:id:kawai_norimitsu:20151102210028p:plain


以上です。

ブラウザで確認してみると、プログラムがGitHubにアップロードされています。

f:id:kawai_norimitsu:20151102210248p:plain