読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

cocos2d-xで星を散らす演出を作る

演出

概要

星の画像(スプライト)を中心から360度ランダムな方向に散らせるエフェクトを作る。

環境

windows8.1
cocos2d-x v2.2.3

手順

init関数にスケジュールを設定しておく。

bool HelloWorld::init()
{
    if ( !CCLayer::init() )
    {
        return false;
    }

    // 0.1秒ごとにstarWorldEffect関数を実行する
    this->schedule(schedule_selector(HelloWorld::starWorldEffect), 0.1f);

・・・
}

starWorldEffect関数には以下のソースコードを書いておく。

void HelloWorld::starWorldEffect()
{
	CCSize winSize = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();

	// 星をランダムに配置する
	int width  = -100 + (rand() % ((int)winSize.width + 100));
	int height = -100 + (rand() % ((int)winSize.height + 100));

	CCSprite* pSprite = CCSprite::create("star.png");
	pSprite->setPosition(ccp(winSize.width/2, winSize.height/2));
	pSprite->setOpacity(128);
	this->addChild(pSprite);

	// 星をランダムな方向へ透過させながら移動させる
	CCMoveTo* actionMove = CCMoveTo::create(1.0f, ccp(width, height));
	CCCallFuncN* actionMoveDone = CCCallFuncN::create(this, callfuncN_selector(HelloWorld::spriteMoveFinished));
	pSprite->runAction(CCSequence::create(actionMove, actionMoveDone, NULL));

	CCFadeOut* actionFadeOut = CCFadeOut::create(1.0f);
	pSprite->runAction(actionFadeOut);
}

このままでは画像スプライトが溜まっていく一方なので、アニメーションが終了したら削除する。

void HelloWorld::spriteMoveFinished(CCNode* sender)
{
	CCSprite* pSprite = (CCSprite*)sender;
	this->removeChild(pSprite, true);
}

こんな感じのエフェクトになります。

f:id:kawai_norimitsu:20140614191148p:plain

何かアイテムを手に入れた時に使えそうですね。


cocos2d-xで星を散らす演出を作る - YouTube