読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

cocos2d-xで後光の演出を作る

概要

画像(スプライト)を透過と永遠に回転させることで後光のエフェクトを作る。

環境

windows8.1
cocos2d-x v2.2.3

手順

アニメーションアクションを作成してスプライトのrunActionを実行する。

// 画像(スプライト)を追加する
CCSize winSize = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();
CCSprite* pSprite = CCSprite::create("gokou.png");
pSprite->setPosition(ccp(winSize.width/2, winSize.height/2));
pSprite->setOpacity(85);
this->addChild(pSprite, 0);

// 画像を永遠に回転させる - 4秒で1回転
CCActionInterval* actionRotate = CCRotateBy::create(4.0f, 360);
CCRepeatForever* actionRepeatForever = CCRepeatForever::create(actionRotate);
pSprite->runAction(actionRepeatForever);

こんな感じで半透明化した後光を永遠に回転させる演出に使える。

f:id:kawai_norimitsu:20140613170837p:plain


Cocos2d-xで後光の演出を作る - YouTube