読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラプログラマーの技術メモ

ネットで調べても出てこなかった情報を載せていきたい技術系ブログ。

iPhoneアプリ審査で「Metadata Rejected」が出た時の対処法

AppleiOS Dev Centerでアプリを更新したのだけれど「Metadata Rejected」の理由でリジェクトされてしまった。

リジェクトされた理由は以下の通り。

Reasons

24.1: Apps in the Kids Category must include a privacy policy and comply with applicable children's privacy statutes
24.1

We noticed you have selected the Made for Kids option for your app, assigning it to the Kids Category, but it does not include a privacy policy; this is not in compliance with the App Store Review Guidelines.

Please update your app metadata to include a privacy policy and ensure that the privacy policy URL you provide for the App Store takes the user to your privacy policy.

これはGoogle先生に翻訳してもらったもの。

我々はあなたが子供のカテゴリに割り当てる、あなたのアプリケーションのために子供のオプションのために作らを選択している気づいたが、それは、プライバシーポリシーが含まれていません。これはApp Storeのレビューガイドラインを遵守していない。

プライバシーポリシーをインクルードして、App Storeで提供プライバシーポリシーURLはあなたのプライバシーポリシーにユーザーを誘導することを確認するために、アプリケーションのメタデータを更新してください。

どうやら子供向けアプリにはプライバシーポリシーが必須らしいので、プライバシーポリシーのページを作ってアプリのmetaデータにURLを追加して再審査。

1週間後、無事に審査に通った。よかったー